政策提言の受付
政策提言書-様式1号- 2009/10/04 PDF形式
政策提言書-様式1号- 2009/10/04 Word形式

【政策提言システム】
2009/12/6「分権型陳情への改革」に伴う地方団体説明会レジュメ(PDF)
 
政策提言書の状況調書の処理結果
平成24年度政策提言書の状況調書の処理結果(8-9月) 2012/10/16 PDF形式
平成24年度政策提言書の状況調書の処理結果(7月追加分) 2012/08/22 PDF形式
平成25年度予算概算要求に係る重点要望一覧 2012/07/24 PDF形式
平成24年度政策提言書の状況調書の処理結果(7月) 2012/07/24 PDF形式
平成24年度政策提言書の状況調書の処理結果(4-6月) 2012/07/24 PDF形式
平成23年度PDF形式
平成22年度PDF形式
平成21年度PDF形式
 
政策推進会議の運営について

2011/12/18

平成24年度予算に係る重点要望について


 大分県連は民主党本部の求めに応じて、重点要望5件を提出いたしました。これは党本部から都道府県連に対して、来年度予算に関し重点要望を5件に絞り込んで提出するように要請があったものです。大分県連として、県連内に設置している政策推進会議に提出された77件から下記を重点要望項目としました。

平成24年度予算に係る重点要望一覧(PDF)

 なお、この5件については最重点要望というものであり、これまで提出された要望も党本部及び政府に対し重要項目として要請しているものが多数あることもお知らせいたします。
今回の提出に伴い、吉良州司代表と足立信也代表代行、梶原九州男代表代行、小嶋秀行幹事長が記者会見を行いました。
要望項目について吉良代表は「高速道路や新幹線が整備された西九州に比べ、大分・宮崎の東九州は圧倒的にインフラ整備が遅れている。地域主権時代を前にして平等なスタートを切るためにも最低限のインフラ整備が必要だ。」と説明しました。足立代表代行も「災害時の避難・物流経路として、道路や港の整備が必要。」と東日本大震災を教訓として整備の必要性を説明しました。特に、九州の東海岸部を南北に走る東九州自動車道は、福岡、大分、宮崎、鹿児島の4県を結ぶ「生活の道」であり、災害時には「命をつなぐ道」となり、地域の産業・経済の発展を支える「活力の道」となるものです。大分県連は3年前から、この東九州自動車道の整備促進を最重要課題として捉えており、党本部へも強く要望しています。

吉良代表と足立代表代行が東九州自動車道のミッシングリンクの早期解消を要望
第124回(臨時)常任幹事会を開催しました
2011/07/21 佐伯市の要望に吉良代表と足立代表代行が政府へ要請

 今後とも重点要望5件早期実現はもとより、これまで提出されたその他の政策提言についても、重要性や必要性を見極めながら、本部への提出や現地視察、内容のヒアリング等を行っており、今後も継続してまいります。  

TOPに戻る
 

2010/11/24

平成22年10月22日付で民主党本部に陳情要請対応本部が設置されましたそれに伴い、民主党大分県連政策推進会議といたしまして平成22年11月9日付民主大分政推第5号(他6号7号)に於いて、主な留意事項を記した「民主党陳情要請対応本部の設置に伴う政策提言の取り扱いについて」との文書で大分県下の基礎的自治体や各種団体へお伝えいたしました。その内容をお知らせいたしますので御覧下さい。
文書
『民主党「陳情要請対応本部」の設置に伴う政策提言の取り扱いについて(お知らせ)』
『陳情・対応の流れ(改定)』
『民主党陳情要請対応本部(構成)』

TOPに戻る
 

2010/05/11

■平成21年度は、地方自治体や各種団体等の皆さまから多くの政策提言があり、87件を受け付けました。
 この中には、国の政策に馴染まない要望や、地方自治体への施策に関すること、また、全国組織の中央団体から党本部企業団体対策委員会へ同様の趣旨で提出されたものも含んでいます。よって、県連政策推進会議で精査させていただき、党本部幹事長室への上申を案件ごとに判断しています。
 このことから、各級議会議員が地方自治体を通じて処理しているものや現在調査中のものもあることを併せてお知らせいたします。
 今年度も、既に政策提言の提出を頂いておりますが、昨年同様、多くの皆さまからの提言をお待ちいたしております。

 なお、昨年度は、提出者の皆さまへの回答が遅れましたことをお詫び申し上げます。

TOPに戻る
 

2009/12/14

■民主党大分県連は、政権を担う地方組織として「国民の生活が第一。」の政策を実現するため、政策推進会議を設立しました。これは、特定の業界や団体等のための政治ではなく、国民や県民の利益に資する政策を求めていこう!という政治の原点ともいうべき『政策提言』を受け付ける窓口となるものです。「『民主党大分県連政策推進会議』の設置について」を必ずお読みいただき、様式1号に記載のうえ、御提言くださいますようお願い申し上げます。

「民主党大分県連政策推進会議」の設置(PDF)

TOPに戻る
 

2009/12/6

■「『分権型陳情への改革』に伴う地方団体説明会〜大分からの新たな政策提言システム〜」を12月6日に開催しました。これは、旧政権下で行われた利益誘導型政治からの脱却を図り、透明性のある政策提言を広く国民に求めるというもので、その目的は、①政官癒着の排除と利益誘導型政治からの脱却、②分権型陳情で霞ヶ関詣でを一掃、③国の行政刷新と地方行革に寄与、④透明性・公平性を確保する陳情処理、この四つです。今回の自治体への説明会は、県民の皆さんから民主党大分県連への政策提言について、県・市町村の皆さんにお集まり戴き、政策が実現するまでの流れや基本的な考え方をお知らせするために開催したものです。なお、当日、配布をいたしました主な資料をここに掲載しますので、NPO・団体等の皆さんも御覧ください。

「分権型陳情への改革」に伴う地方団体説明会レジュメ(PDF)
TOPに戻る